スポンサーリンク

琵琶湖花火大会2023有料席チケットや屋台の場所を調査!

花火
この記事は約3分で読めます。

琵琶湖花火大会2023の開催が8月8日(火)に決定致しました!

せっかく花火を観覧するのであれば、
「多少の混雑はしょうがないけど、出来ればいい条件でゆっくり観覧したい」と考えられる方も多いと思います。

琵琶湖花火大会2023では有料席が多くあります。

今回は有料席チケットの購入方法、屋台の出店情報などを調査しました。

スポンサーリンク

琵琶湖花火大会2023有料席チケットの購入方法!

エグゼクティブシートリクライニングチェア、エリア専用トイレ、飲み放題付きシート前売り20,000円        
プレミアS席(1列目)パイプ椅子8,000円
プレミアA席(2列目)パイプ椅子6,500円
カップル席湖岸エリアの前3列(2席1組)16,000円
桟敷席大津市島ノ関(大津市民会館前)33,000円(6名枡)、16,000円(ペア席1升)
カメラ指定席お祭り広場となぎさ公園を
つなぐ橋の付近 パイプ椅子
10,000円
カメラ自由席立ち見席8,000円
普通席プレミアムシートより後ろのパイプ椅子(3列目以降)4,000円(当日4,500円)
びわ湖ホール湖岸2,000円(当日2,500円)

3歳より有料となりますので購入時はご注意ください。

※前回の価格は2019年の価格です。

4年ぶりの開催になるので価格は変更になっている可能性があります。
琵琶湖花火大会の公式Twitterより、5月末頃に先行抽選販売のアナウンスがあると思います。
オフィシャルサイトかコールセンターでも人気のチケットなので、先行抽選販売がおススメです。

7月初旬には滋賀県内3か所の観光案内所(大津、石山、堅田駅)や京都新聞文化センター、大手旅行会社、コンビニチケットなどから販売される見込みです。
観光案内所では、他よりも1時間早く販売が開始されます。

また他に、有料の観覧席を独自に用意されている施設があります。
大津アレックスシネマやびわ湖大津館、なぎさのテラスなどです。
観覧付きディナーがあるマドカフェ(TEL:077-525-5516)やレストランオペラ(TEL:077-521-7170) は電話での予約が必要です。

choco
choco

ゆっくり食事をしながら花火を観覧するというのは、ちょっと贅沢で素敵ですね。

スポンサーリンク

琵琶湖花火大会2023屋台の場所は?

前回2019年までは、例年有料観覧エリアの中に特設フードコーナーが設けられていましたので、おそらく今年も設けられると思われます。

無料で観覧できるアリアには例年屋台はほとんど出店がないようです。

最寄り駅から会場の途中にある、

「Oh!Me大津テラス 円形広場」などに出店されている屋台で、

買い物を済ませておく事をオススメします

スポンサーリンク

まとめ

琵琶湖花火大会の有料席のチケットは5月末より順次販売されます。
確実に希望の席のチケットを手に入れるためには、早めの購入をお願いします。

例年、有料観覧エリアには特設フードコーナーが設けられているようです。

無料観覧エリアで鑑賞する方は、

最寄り駅から会場の途中に出店されている屋台などで、買い物を済ませておく事をオススメします


4年ぶりに夜空を彩る美しい花火を観覧しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました